工房見学と伝統工芸体験に行こう/コボスポ

江田でガラス工芸に挑戦
Glass Flow 玉田ガラス工房

 home › 神奈川県 › Glass Flow 玉田ガラス工房

 ガラス工芸

 Glass Flow 玉田ガラス工房

ぐらすふろー たまだがらすこうぼう

横浜市青葉区
体験OK土日OKガラス工芸

…4歳からチャレンジOK!

Glass Flow 玉田ガラス工房

東急田園都市線江田駅からてくてく歩いて10分ほど。ごくフツーの住宅地に佇む工房で、一見するだけではモダンな一戸建ての民家にしか見えません。目印になる看板などもないので、出掛ける際はスマホなどの地図アプリを駆使して訪ねましょう。

「玉田ガラス工房」は、平成11年(1999年)に築炉。大量生産の工業製品では表現できない手づくり感と、さまざまに見せる表情が魅力のグラスウェアを制作している工房です。

工房では吹きガラスの体験ができます。4歳以上なら保護者同伴で体験OKなので、休日の家族サービスにもぴったり。高温の炉の前でおこなう作業ですが、常に2人のスタッフがピッタリ付き添って対応してくれますので、キッズでも安心なのです。

炉で真っ赤になるまで溶かしたガラスをパイプの先にぐるっと巻きつけ、ふーっと息を吹き込んで、作品を作ります。
作ることができる作品はグラス、ぐい呑み、小鉢、一輪挿し、 ピッチャー、ペーパーウエイト、ワイングラス、シャンパングラス、菓子器、茶入れなどなど。ガラスに好きな色をつけることもできます。
作品は冷却を要しますので、当日に持ち帰ることはできません。後日引き渡し、もしくは着払い発送になります。

 吹きガラス

Glass Flow 玉田ガラス工房

1,200度にもなる熔解炉で溶融したガラスを吹き竿に巻き取り、竿の先から息を吹き込んで成形する技法。製法は古代ローマ時代からほぼ変わらず現在に至る歴史ある工芸です。
吹き竿に巻き取った溶解ガラスの先に、フリットと呼ばれる色つきの粉砕ガラスをくっつけて焼き付けたら、手持ち側の竿の先から息を吹いて整形。さらに新たにガラスを巻き付けて出来上ったガラス玉の先端を火であぶり、重力を上手く使いながらグラスの高さを決定します。あとはグラスの底を整え、口を整えたら完成です。


  DATA
 住所 神奈川県横浜市青葉区荏田西2-38-2
 TEL 045-910-4744
 時間 10時~19時(※事前要予約)
 休み 木曜
 料金 グラス、ぐい呑み、小鉢、一輪挿し、 ピッチャー、ペーパーウエイトの吹きガラス体験:1点制作3,500円(ひとり1点制作の場合は2名以上で受付)、2点制作6,000円、3点制作8,500円(所要時間約1時間)、
シャンパングラスの吹きガラス体験:1点4,500円(所要時間約30分)、
ワイングラスの吹きガラス体験:1点5,500円(所要時間約30分)、
カラフェの吹きガラス体験:1点6,000円(所要時間約30分)、
菓子器や茶入れなどの吹きガラス体験:別途見積
   P なし
 交通 東京急行電鉄田園都市線江田駅東口 徒歩約10分
 特記 ※電話予約要

画像引用:Glass Flow 玉田ガラス工房様(http://www.glass-flow.com/)

 近隣のオススメ

電車とバスの博物館
  •  電車とバスの博物館
  •  神奈川県川崎市宮前区

  • 東急宮崎台駅のすぐそばにある、東急電鉄線の旧型車両や電車の運転体験シミュレーターなどの展示、模型ジオラマなど、電車とバスに関する視覚体験型博物館